2012年02月19日

春はまだ遠いのか?

 久々の更新です。
あまりの寒さにキーボードを打つ出が悴んで更新が遅くなってしまいましたとい言いたいほど、今年の冬は寒く観じます。

 実際今朝は−16℃を温度計が指していました。

朝出社すると事務所のお湯が出ないので、昨夜は相当冷え込んだと思われます。

月初めに寒さが少しゆるんだので、寒さの峠は越えたのかなぁと淡い期待をしていましたが、まだまだのようです。

 お陰で雪が降りません。降っても1p程度。寒すぎて雪にならないようです。

我が家では今年から「湯たんぽ」を使用しています。子供の頃は余り実感していませんでしたし、以前東京にいた時は当然必要もなかったものでしたので、この寒冷地には必要なものだとこの頃ヒシヒシと感じでいます。湯たんぽのお湯を作るためと煮物作りに重宝するため、天板が熱くなる石油ストーブを一台稼働させています。この寒冷地では余り暖房器具としては能力不足ですが、常時やかんをおいて加湿器代わりにもなり、また非常時の暖房器具ともなる一家に一台は用意しておきたい代物です。我が家には石油ストーブが他2台準備しています。昨年の震災後の計画停電際には大活躍してくれました。

 話しはそれましたが、その快適な「湯たんぽ」ですが、今朝は足がひりひりして目が覚めました。

見るとやけどをして水ぶくれになってはいるではありませんか、普通なら押しのけるるはずが・・・

寝ている間のことですので、どの様になっていたかは定かではないのですが、全く恥ずかしい限りです。

 子供の頃祖父の家で使った、豆炭アンカはやけどの記憶がありますが、湯たんぽでは記憶がありません。快適が故に安易に使うと事故になりかねないと思いました。

 先月にポットのお湯をひっくり返して手首にやけどを負ってから今年2回目のやけどです。今年は私は厄年のようで、こんなけがをするのでしょうか?

 厄年と言われると、何かおきると勘ぐってしまいます。

まぁ、いずれにしても用心した年にしたいと思います。

そんな折、「今年は取り廻りが良くない」からとお客様が厄よけのお札と熊手を持ってきて頂きました。私はとても暖かいお客様にお世話になることができ本当に有り難いなぁと感謝します。

 我社ある木彫りの大黒様と一緒にお奉りさせて頂いております。(これで今年の無事乗り切れるかしら・・・)

 北軽井沢の冬は新規の仕事もあまり期待が出来ないため、冬眠生活が続きますが気力と体力を維持すべく努力をしないといけません。

 今年一年無事に乗り切れますよう知恵を凝らして頑張りたいと思います。

とりとめのない内容になってしまいましたが、久々の更新で手元がかるくなってつい書き込みしてしまいました。

お許しを。

 

 
posted by あさまホーム at 10:13| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。