2011年02月28日

ハンドカットログ

 先週よりハンドカットログハウスの販売依頼を受け、室内の整理と外壁の塗装をさせていただきました。
 立派なログハウスですが、新築以来塗装をしたことがなく色あせてしまっていたため、印象が悪くなっていましたので、売却に当たって思い切って完全塗装です。
CA3C0149.JPG
 大きな丸太ですが、表面の乾燥が激しくヒビや割れがあったりと塗料が吸い込んでしまって、なかなか色が乗りません。南側の日当たりの良い部分は乾燥が激しく2度塗りさせていただきました。一般的に北側は日当たりが悪く外壁に黒いカビが付いていて隠すことが難しいのです。
CA3C0148.JPG
木目を生かして、きれいに塗れました。


 ウッドデッキのスノコが一部腐食し危険な為、部分的に補修も合わせて行ないました。
CA3C0146.JPG

スノコは屋根が場合、早いと5年程度で腐食で駄目になってしまいますので、マメなメンテが必要になります。

 車のエンジンオイルと同じように、塗装は適度に行なうことで外観もさることながら10年後の老朽化にも違いが出てきます。塗料の質も大事かもしれませんが、いくら高い塗料でも5年も10年も効果が持続はしません。それよりは出来るだけ回数多く塗るのが理想です。外壁の場合5年〜7年に一度は塗って頂きたいところです。

 当社では自社で足場用意し自社施工させていただいておりますので、そろそろ時期かと思われる方は是非ご検討下さい。

 今回のように塗装をしてから売却するというケースはあまりありませんが、次に購入する方も印象がいいはずです。

 定期的なメンテは売却時にも価格査定に好印象です。そういった将来の事も念頭に置きご検討いただき、日頃からご所有の別荘を労ってあげてください。
posted by あさまホーム at 18:06| 群馬 🌁| Comment(0) | 増改築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。