2011年03月13日

地震はすごかった

 11日に起きた東北地方の地震ですが、たまたま実家(郡山市)に帰省していたため直に体感してしまいました。

 発生時、長男と妻と3人で郡山のイオンに買い物に来ていました。

店内に入ってそうそうに、携帯の「緊急地震警報」がなり出しました。
いままで、警報があってからも大きな地震を感じた事はなく、”またかぁ”とおもっいたその瞬間、尋常じゃない揺れをが、襲ってきました。

 子供抱きかかえ店外へ出るべく、全速力!

妻とは別行動してましたので、行方が心配で仕方がありませんでしたが、周りを見渡すと見付けることができて、ほっしました。

悲鳴や叫び声が至る所から聞こえ、店内から大勢の人が出てくる様は映画のワンシーンを見ているようでした。

巨大な建物が建てに横に大きく揺れる様はこの世のものとは思えない恐怖でした。自分たちが避難している駐車場もアスファルトがうねっているのが分かるほどで、車なんか跳ね上がっていたほどです。

 揺れがドンドン激しくなっていったため、もしかしたらと、脳裏をよぎった程です。時間して1分か2分か分かりませんが、とんでもなく長い時間に感じました。

 実家には両親と下の子を残していたたため、連絡を取ろうにも携帯が不通でしたので、揺れがおさまったのを見計らって早速戻ることにしました。

 揺れがおさまると、また店内に戻る人々の姿をみて「信じられない」と思うほどでした。数分後大きな余震がありましたので、その人達はまた恐怖を感じたことでしょう。

 道中は、屋根瓦が崩れ、塀が倒れ、かべが剥がれ落ち、お寺の石像が倒れ、コンビニのガラスが割れ、ガソリンスタンドの天井が落ち、などなど悲惨な光景が次から次へと目に入ってきました。

 こんな光景は当然見たことがありませんでしたので、地震の恐怖を再度感じました。

余震も頻繁におこりました。一度感じた恐怖は直ぐには消えないもので、わずかな余震でもフラッシュバックしてきます。

 今回の地震で幸いにも家族・親族無事だったことが何よりでしたが、沿岸部の津波の被害は甚大すぎて、かける言葉も見あたらないほどです。

 昨日は、私ひとり帰宅しましたが東北自動車が全線通行止めでしたので仕方がなく、国道4号線を南下してきました。那須町まで被害が出ている事が確認できました。宇都宮はほとんど被害がないようでした。

 今回の地震では、揺れもさることながら津波の被害がひどい。TVの映像を何度も見ましたが、見れば見るほど地獄絵図です。一人でも多くの方が生存されている事を望むばかりです。

 私個人的には、福島原発の放射能流出が非常に気になるところです。

 原発から実家の郡山までが約50q。

 大事にならないことを祈るばかりです。

 まだまだ、寒さが続きます。
 
 余震もあるかもしれません。

 早く終息ほしいそう願うばかりです。
  
posted by あさまホーム at 13:33| 群馬 ☁| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。