2010年11月14日

屋根の葺替え

先週から始まった屋根の葺替え工事です。
元々の屋根には断熱材が敷き込んでいなかった為、夏は暑くて室内には入れないほどと言うことで断熱材も一面施工しました。屋根も高さが余り余裕が無くリビングへの採光にも問題がありましたので、ついでに天窓を取り付けることになりました。
CA3C0440.JPG
屋根は通常垂木が棟から軒先に張って、その上に野地板が張ってあるのが一般的。しかし、この屋根は厚さ6センチの野地板が前面にわたしてありその上に野ブチ材が屋根材の押さえに流されていました。初めて見る構造です。電気線も野路板に直打ちされていました。
CA3C0438.JPG
スタイロフォーム(断熱材)を一面施工!水色が爽快です。
CA3C0439.JPG
コレで夏の暑さからも開放されることでしょう。

中古別荘の場合、断熱材なしという別荘も少なくない。

初めからやっておけば安価に収るが、屋根の張替も伴うと50万円以上かかってします。

中古別荘もっこうやって手を入れて頂けければこれから20年は問題な使えるはずです。

お仕事をいただける事も有難い事ですが、中古別荘を手直しし大事に使って頂けることはもっとうれしい限りです。

 



 
posted by あさまホーム at 17:23| 群馬 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

国立公園法

今日の北軽井沢はとってもよい天気で雲がない真っ青な空でした。
有料道路を鬼押し出し方面に向かっての途中で・・・
CA3C0384.JPG
天気がよく気温も急上昇した「暑い」一日でした。

現在建築確認を設計会社に依頼中ですが、この位置が国立公園内の別荘地であるため建築確認申請の他に国利公園法の申請が必要になります。現在北軽地区の管轄事務所は中之条土木事務所で、確認申請は10日前後で取得できます。しかし、国立公園法の申請許可に1ヶ月ほどかかるととのこと。初めは冗談かと思いましたが申請を出したのが先月の17日ですのまもなく一ヶ月になります。どうやらこの上信越国立公園法は長野県で許可申請を受け付けているらしく、書類のやりとりだけでも数週間要してしまうそうです。

 以前の耐震偽装問題の際には建築確認が3ヶ月〜半年なんてことを言われていたことを思い出しますが、許認可スピードを上げる工夫も今後
役所に求められるでしょう。

 そういえば先日ちょっとだけ速度超過で違反切符を頂きました。更にうっかり期限中に支払い忘れてしまい、前橋の交通センターに連絡したところ、「窓口に来て頂ければ再納付書を渡します」或いは「郵送でお送りする場合800円かかります。送るためには手続きしていると7月末ほどになると思います」とのこと。窓口では即で、送ると2ヶ月。想像を絶する程の工処理程があるのでしょうか。信じられません。

 話しが脱線しましたが、こういった処理に時間がかかるのは処理数が多いのか処理の能力が低いのか。いずれにしても公園法の担当者は1人らしい。ここにも軽費削減の波が押し寄せているのでしょうか。
posted by あさまホーム at 17:37| 群馬 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。