2010年05月29日

すっかり勘違いでした。

 以前別荘の売却相談のお電話を頂いた方に査定結果をご報告させて頂きました。
  その際私から査定させていただいた価格が800万程度でした。

その際、お客様もそのくらいで売れるなら家族と相談して売るようでしたらまた電話します と電話を切りました。

一昨日別荘に行くので別荘の詳細を打ち合わせたい旨のお電話をいただき、本日15時〜16時間に別荘に伺うことにしました。

現地へ到着したのが、15時10分

 別荘には人影がありません。

 私「どこかにお出かけ中かぁ」

 待つこと30分・・・

 どうもおかしいとお聞きしていた携帯へ電話してみると

 別荘にいるとのこと。?????

 と言うことは、場所が違う!

 あわてて場所を聞いてみると全然違う場所でした。

 別荘についてみてびっくり。間違った別荘よりも建物が非常に古い。

 お聞きしてみると築35年程度。

 電話で査定金額をお伝えした金額では到底売却は出来ないことは明白です。

 査定の件ほ誤解を与えてしまい、正式な売約査定金額をお伝えしたところ、あまりに低い金額にガッカリ去れいました。売却保留となり、今年はご利用続けることになりました。それはそうです、当初は800万程度と思っていたものが、全然違ってしまうわけですから。誠に申しわけございませんでした。

 実際こんな間違えは初めてです。

 事務所に戻って顧客ファイルを見てみるとお聞きしていた区画番号と別荘の番号が全く違いました。
 私が聞いたのがU-○○区画、実際はN-××と何一つあっていません。
単なる聞き取りミスなのか、いまだに解りません。

 久々にあわててしまった出来事でした。

  

 
posted by あさまホーム at 18:24| 群馬 ☁| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。