2011年03月22日

嬬恋村に御願い

 大地震の影響で甚大な事故になってしまった福島第一原子力発電所。

昨日、各地で汚染状況が発表されはじめました。。

 原乳・農作物・水(海水)に、基準値以上の汚染が計測されているそうです。

今回の原発事故で心配しているこが、一つづつ起こってきています。まぁ、あれだけの放射能が出ているわけでから当然と言えば当然です。

 この群馬県でもカキナに反応がでたそうです。昨晩、我が家の食卓にも並びました。初めはほうれん草かとおもいましたが、聞くとびっくりカキナだそうです。

 このカキナ他地域からで安全でしょうが、一瞬そんなことが頭をよぎりました。


これが、”風評”ということでしょう。


 今後、全国各地のそれぞれの方がそれぞれの基準でをもって食品を購入してゆくことになるでしょう。野菜は今後相当高値になって行くのでないでしょうか。お魚は食べられるのでしょうか?気にしだしたら切りがありませんが、子供達のそんなものを食べさせたくはないのが親心です。

 嬬恋村もキャベツと観光いう他にはないブランドがあります。そういった風評被害をこの嬬恋村に出さないためにも、嬬恋村と長野原町にはモニタリングを行なってほしいと個人的に思います。

 安全という基準が不明確な今、積極的に取り組むことで今後の観光客や別荘族からの対応にも良い結果が出るように思います。

 各観光施設や別荘業者はそれを元に営業対策を立てればいいですから・・・

研究所レベルの設備でなくてよいので、早急に設置・須知の公表してゆくのがよいと思います。

 今後いろいろな地域で様々な汚染状況が発表になるはずです。それが人体に影響がないにせよです。

これから観光客や別荘族が訪れていただきますが、その時「嬬恋村(長野原町)は大丈夫?」と必ず聞かれると思うのです。

 その時、曖昧な対応するより正しい情報をお伝えする方が、より安心を与えるのはないかと思います。

私が実家から14日避難させたのは、放射能が子供に影響することを怖がったためです。

 安心して住める村。嬬恋村にモニタリングポストを設置。私はこれを望みたいです。

追伸
 ガイガーカウンターという放射能観測機があるそうです。どの程度制度が良いのか分かりませんが、ネットで調べたら、価格が10万円前後でした。自分で購入するにはちょっと高い感じですが・・・
 

 
posted by あさまホーム at 10:59| 群馬 ☔| Comment(3) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

停電はやはり困った

 計画停電は嬬恋村のエリア5では現在まで3度実行されています。

 2度は日中から夕方にかけてでしたが、一昨日は午後6時20分から10時迄でした。

 当初は懐中電灯とローソクでとも思っておりましたが、子供も小さいことあり「危ないよなぁ」と思っていましたが、倉庫に発電機があることに夕刻気が付き急遽発電機による対応に切り替えました。
 とはいえ家中全てを発電機からの電力に切り替えることは出来ませんので、ドラム式延長コードで現場用投光器を居間とダイニングに設置し照明を確保し、続いてファンヒーター1台とつなぎ使用しまいた。15A迄なのでそれほど多くの家電は繋げませんので明かりと暖房に使用しました。
 
 発電機は、かなりエンジン音が大きいので住宅街では使用するにしても近所からクレームがでそうですが、こちらは至って大丈夫。
 私の周りの別荘族は一人も来荘していませんので、遠慮なく起動出来ます。こんな時は別荘地出よかったぁと思います。普段は寂しいのですが・・・

 お陰で大きな不便もなく夜間の停電に対応ができました。計画停電はまだまだ続くようですが、何とか堪え忍ばないといけません。嬬恋はまだまだ冬ですので、暖房が取れないのが一番困ります。

 昨日は、都合で山梨県の甲府に行ってきましたが、市内は地震の影響はありませんでしたが、計画停電は対象地域になっていたようです。関東だけかと思っていましたが、山梨や静岡も対象地だったのですね。お隣の軽井沢は対象じゃないのに。

 途中コンビニに立ち寄ったのですが、単一電池買ってくるの忘れてしまいました。

 こちらには乾電池は一個もありません。

 計画停電の際に、原発等の情報入手のためラジオを付けておきたいのですが、乾電池が入手できずに困っています。

 まぁ、絶対必要と言うわけではないので、もう暫くすれば入手できると思います。入手出来ることは必要ないってこともありますけど。

いまは、必要のものを必要な分だけ買うように心がけなければいけませんね。

 東北の被災地では、空き巣強盗や義捐金詐欺などあり得ないことがおきてきてます。嬬恋村でも既に被災者をうけているようですが、いろいろな意味でこれからが大変だと思います。全国で被災者を受け入れる準備が整えられていますが、受け入れる方も受け入れられる方もどこまでが許されるボーダーラインなのか微妙です。とくに民間の受け入れ先も募集しているようですので、行政が管理出来る事がとても重要ではないかと思います。

 当社も賃貸等々検討しましたが、早々に対応が出来る状態には持っていけそうにはありません。

 今日の報道では、地震の死者・不明者が2万人を超えたそうです。

 原発は、昨日までの自衛隊・消防・警察の決死隊の勇気ある行動で、最悪の自体は回避出来たように思います。毎日原発のニュースから目が離せず何も手に付きませんでしたが、少し落ち着きました。

 全てが安全とまではまだまだいかないでしょうか、山は越えたように思えます。

 まだ、私の実家の郡山市では不安な毎日を送っていることでしょう。郡山は原発から55q程度。牛乳が汚染された川俣町は50q程度だったと思います。

 しっかりとした情報提供を市民に行ないその上で各自が自分で身を守らないと、万一の場合、やられ損になってしまいます。

 一日でも安全に暮らせる故郷にしてほしいものです。

 
posted by あさまホーム at 17:14| 群馬 ☀| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

地震はすごかった

 11日に起きた東北地方の地震ですが、たまたま実家(郡山市)に帰省していたため直に体感してしまいました。

 発生時、長男と妻と3人で郡山のイオンに買い物に来ていました。

店内に入ってそうそうに、携帯の「緊急地震警報」がなり出しました。
いままで、警報があってからも大きな地震を感じた事はなく、”またかぁ”とおもっいたその瞬間、尋常じゃない揺れをが、襲ってきました。

 子供抱きかかえ店外へ出るべく、全速力!

妻とは別行動してましたので、行方が心配で仕方がありませんでしたが、周りを見渡すと見付けることができて、ほっしました。

悲鳴や叫び声が至る所から聞こえ、店内から大勢の人が出てくる様は映画のワンシーンを見ているようでした。

巨大な建物が建てに横に大きく揺れる様はこの世のものとは思えない恐怖でした。自分たちが避難している駐車場もアスファルトがうねっているのが分かるほどで、車なんか跳ね上がっていたほどです。

 揺れがドンドン激しくなっていったため、もしかしたらと、脳裏をよぎった程です。時間して1分か2分か分かりませんが、とんでもなく長い時間に感じました。

 実家には両親と下の子を残していたたため、連絡を取ろうにも携帯が不通でしたので、揺れがおさまったのを見計らって早速戻ることにしました。

 揺れがおさまると、また店内に戻る人々の姿をみて「信じられない」と思うほどでした。数分後大きな余震がありましたので、その人達はまた恐怖を感じたことでしょう。

 道中は、屋根瓦が崩れ、塀が倒れ、かべが剥がれ落ち、お寺の石像が倒れ、コンビニのガラスが割れ、ガソリンスタンドの天井が落ち、などなど悲惨な光景が次から次へと目に入ってきました。

 こんな光景は当然見たことがありませんでしたので、地震の恐怖を再度感じました。

余震も頻繁におこりました。一度感じた恐怖は直ぐには消えないもので、わずかな余震でもフラッシュバックしてきます。

 今回の地震で幸いにも家族・親族無事だったことが何よりでしたが、沿岸部の津波の被害は甚大すぎて、かける言葉も見あたらないほどです。

 昨日は、私ひとり帰宅しましたが東北自動車が全線通行止めでしたので仕方がなく、国道4号線を南下してきました。那須町まで被害が出ている事が確認できました。宇都宮はほとんど被害がないようでした。

 今回の地震では、揺れもさることながら津波の被害がひどい。TVの映像を何度も見ましたが、見れば見るほど地獄絵図です。一人でも多くの方が生存されている事を望むばかりです。

 私個人的には、福島原発の放射能流出が非常に気になるところです。

 原発から実家の郡山までが約50q。

 大事にならないことを祈るばかりです。

 まだまだ、寒さが続きます。
 
 余震もあるかもしれません。

 早く終息ほしいそう願うばかりです。
  
posted by あさまホーム at 13:33| 群馬 ☁| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。